大阪デザイナー専門学校。

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 00:01
昨夜東京から帰ってきたばかりですが、本日は大阪でひと仕事ご機会を頂いておりました。



昨日は疲れもあり、23時には爆睡をしていたので、朝ははやくにめざめました。






さてさて、本日のお仕事とは…


はい。切り絵を教える先生として、大阪デザイナー専門学校にてひとコマ授業をさせて頂くという内容でした。










こんな感じです。


先日、打ち合わせで初めてこちらへ訪れたのですが…


なんだかとても新鮮でした。

私自身、美術系の学校には通っていない、学の無い人間ですので、初めて…そう、初めて美術系の学校へ入らせて頂いたのです。



あちらこちらにアートがあり、活躍されている卒業生を見て…

あぁ…やはり通いたかったな…こういうところに…と感じました。






さておき。
今回の授業では、ニワトリを切ってもらおう。という内容で進めさせて頂きました。



さすがアートを志している方が集まっている場所だけあって、皆さま器用に仕上げて下さいました。





誰も怪我をすることなく、終礼のチャイムが鳴りました。

良かった良かった。



私の授業が良かった訳では無いのです。
もともと…本来切り絵はさほど難しく無いのです。紙を切るだけ、それだけなのです。


ただ、切り絵の良いところは、「ゴールがハッキリしている。」だと思います。

集中し、手を動かし、そして完成した時の少しの達成感を得られる。
これが切り絵の魅力です。

ただ、なにをするにしても、この「少しの達成感のために集中して努力をする。」ということは大切だと思います。


小さな達成感の積み重ねこそ成長に繋がり、それこそが次へと進む活力になると私は信じております。



今回、とても上手な授業はできませんでしたが、その精神が少しでも伝わっていれば、今日の90分は報われると思います。




大阪デザイナー専門学校の生徒様。お疲れ様でした。

朝一番の1限目から、気力を使わせてしまい、残りの授業への集中力がどうだったのかは気になりますが…笑








私はこういった、芸術を学ぶという機会に触れて生きてはきませんでした。


ですので、こういった学校教育というものが、作家になる上でどのくらい大切な時間なのかということはわかりません。


ただ、今、現在、学んでいる皆さまにお伝えしたいことは、「学校での教えがアナタの芸術の全てではない。」ということです。

これは否定的な意味ではございません。


学校で教えて貰っていることはとてもとても大切なことだと思います。

ただ、それが全てではなく、一部だと捉えて欲しい。


つまり、自分たちが学んだことを自分自身の中でどう活かすか。ということが大切だと思います。


学校でしっかりと基礎を学び、自分なりに咀嚼して、自分のアートを見つけて下さい。

そして行動して下さい。



大阪デザイナー専門学校の皆様。本日はありがとうございました。

そして思ったことは、私も学校に行って学びたいことがたくさんあるということです。

学校って良いなあ…。


イラレとかフォトショの使い方も勉強したいなあ…。




本日の総括を一言でいうと、「楽しかった!」



もう一度言います!楽しかった!皆さまありがとうございましたー!




私もまだまだ勉強の途中…頑張ろう…



( ˇωˇ )スヤァ…

公開制作in切り絵の森美術館。

  • 2018.05.07 Monday
  • 19:28
現在山梨県身延町富士川・切り絵の森美術館にて開催中のSAMURAi展にて、公開制作をしてきました。



身延町とはこのやうに、自然が豊かなところです。




前日に到着し、一泊をしてから現地へ




嬉しいことに看板が立っていました。

副館長と仲良くランチを済ませて、いざスタート。


嬉しいことに、スタートから沢山の方々に見て頂きました。


GW最終日ということもあり、夕方になるにつれじょじょに人も少なくなり、無事に公開制作をおえました。



リスです。


最後まで熱心に見て下さった方もいらっしゃいました。そして、切り絵の森美術館の皆様が本当に優しくして下さりで、本当に良い時間を過ごすことができました。



SAMURAi展自体は、年間を通してここ切り絵の森美術館で開催しております。

私が出展しているのは春の章ですが、今後夏の章、秋の章と展示は入れ替わり、その都度ステキな作品が展開されます。

皆さま是非今年は山梨県へ!切り絵の森美術館にてたくさんの切り絵をご堪能下さいませ。


▼現代の傑刀SAMURAi作品展▼
第1章 春の森
2018/3/24sat-6/24sun
Open:9:30-17:30(入館は17:00迄)

富士川・切り絵の森美術館
http://www.kirienomori.jp/modules/art_museum/index.php?content_id=1
山梨県南巨摩郡身延町下山1597
入館料:一般700円、小中学生300円
休館日:水曜日









さて、公開制作も終わり、今日はお疲れ様〜

といきたいところだったのですが、展示の搬出の為、急いで東京へ向かいました。


いつも忙しいわけではないのですが、たまにこんな感じで予定がかぶる時があります。

身延→富士→熱海→品川→渋谷→表参道と乗り継ぎに乗り継ぎを重ねて、現場である青山スパイラルへ到着。



到着した時には、毎年ここで開催されていますsicfというコンペの表彰式が始まっておりました。


去年まで私もsicfにはチャレンジしていたのですが、今年はエントリーをし忘れていて…。

あぁ…残念だなあと思っていた矢先に、今回その青山スパイラル内エントランスでの企画展にご招待を頂いたのです。

今年のsicfにも大阪から作家の知人が何名か出していたので、皆さまにご挨拶をして、搬出。



出させて頂いていた招き猫ちゃんの切り絵25体ほどの飼い主が見つかったようで、良いご縁になったなと思える展示会でした。



来月にはまた東京で個展を開催いたします。

東京でもたくさんの方々に見ていただけるように頑張ります。



よろしくお願いいたします。




山梨の帰りに見た富士山。

GWは公開制作をします。

  • 2018.05.04 Friday
  • 00:07
こんばんは。
皆さま、GWはいかがお過ごしでしょうか?


昨年まではこの時期、東京に遠征していたのですが、今年はお家でゆっくりとしております。


さてさて、私のGWの予定はたったひとつです。





それはこちら


切り絵の森美術館!

での!


公開制作!



です。


来たる、5月6日は、山梨県富士川・切り絵の森美術館で現在開催中のSAMURAI展の現場にて、公開制作で切り絵を完成させます。





森にちなんでリスを作ろうかと思ってます。


もし!

もし、このGWに山梨へ来られている方がいらっしゃいましたら、是非覗きにいらしてくださいませ!


お話しましょう!



では詳細です。


▼現代の傑刀SAMURAi作品展▼
第1章 春の森
2018/3/24sat-6/24sun
Open:9:30-17:30(入館は17:00迄)

富士川・切り絵の森美術館
http://www.kirienomori.jp/modules/art_museum/index.php?content_id=1 山梨県南巨摩郡身延町下山1597 入館料:一般700円、小中学生300円 休館日:水曜日

公開制作
5/6 13:00-17:00

よろしくおねがいします!




まだまだ頑張りまーす^ ^



今回の展示風景。

  • 2018.04.16 Monday
  • 17:56
普段から懇意にして頂いておりますアーティスト様から、今回の展示風景のお写真を頂きました。


まずは昨日のブログに書き忘れた開催概要を


会期:2018 年4 月16 日(月)ー 5 月6 日(日)
11:00-20:00 会期中無休

会場:MINA-TO(スパイラル1F)東京都港区南青山5-6-23

出展者:
西井 保奈美 Honami Nishii
関川航平 Kouhei Sekigawa
下村優介 Yuusuke Shimomura



会場写真。
















こんな感じです!

表参道駅から徒歩1分。青山spiralに是非お越しくださいませ!


ではでは

青山spiral。

  • 2018.04.15 Sunday
  • 23:51
昨夜、夜行バスで東京に向かいました。


本日の朝到着し、いろいろな東京の展示を見て周りました。(ほぼ挨拶回りみたいな感じですが…)




ひとまず。御徒町で銭湯の湯に浸かり、リフレッシュ。

そこから徒歩で蔵前へ、写真展を見てきました。

その後、神保町→青山→新宿と切り絵展を見に行ったり、ご挨拶に伺ったりとしておりました。


たくさんの人に会えて楽しかったです^^


さて、今回東京に来た目的は、青山spiralという商業施設での展示搬入の為です。

新宿で少し時間があったので、歩いて表参道まで行きました。
意外と遠い…。

さておき、展示というのはこちらです。
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2595.html


昨年まで毎年チャレンジをしていた、sicfというイベントから今回チョイスをして頂きました。

4/16-5/6まで、spiralの入り口一番手前に僕の作品が数点飾られます。(鳩です。)

お近くの際はお立ち寄り下さいませ!

引き続きよろしくお願いします!


さて、今からまた夜行バスで帰阪します。

おやすみなさい…。

春。

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 00:11



こんばんは。以前より取り組んでおりました千手観音像様の切り絵が半分完成いたしました。



まずはじめに言いたいことは、

「レザック66硬い!」


もうすぐに刃はダメになるし、切るのに力がめちゃくちゃいるし…


ある意味、女性には難しい、男性ならではの作品になりそうです。





なぜ、千手観音像をモチーフに選んだかというと
それは単純にモチーフとして面白そうだったからです。

前ブログでも書きましたが、私は無宗教です。


ただただ、千手観音像のフォルムが面白い。そう思ったから作成することにいたしました。



この千手観音像は、本来持っているはずの神具(?)は持っておりません。

これには、私なりの理由があってあえて描きませんでした。が、その理由は完成してからお話することにしましょう。


作品に鑑賞者が求めるもののひとつに、なぜ?(WHY)があります。

そこまで深い意味を持たすほど、私は作品に社会へのアンチテーゼなどを含ませてはおりません。


毎回ただただ、見て頂く皆様に喜んで頂けるような作品を作りたいと思っているのみでございます。


ですが、やはりこの「なぜ?」に対する「答え」だけは用意しておかなければなりません。



先の個展で「もっと毒が欲しいよね。」というお言葉を頂きました。


毒…




そういえば自分の作品に毒を…なんてことは考えもしなかった…。



しかしこれから、作家として続けていくには、もっと幅を広げなければとは考えております。


幅を広く持ち、ある時期からそれをまた絞っていく。

私はまだまだ自分自身を知ってはいません。何ができて、何ができないのか、それもわかりません。


まだまだ、芸術家としては若手も若手、私のことなんて認めてすらいない人の方が遥かに多いこの時期をどうしていくか。

そういったことも考えながら制作に打ち込みたいです。



とにかく、何事もチャレンジをし、知って頂くことにまだまだ力を注ぎたい所存でございます。







それにしても春ですね。

さくらも散り散りになっては参りました。

今の家に住んでもう7年。
そして切り絵を始めてもう6年が経ちました。


この、平成30年度、そして私にとっては20代最後の年。

まだまだできることは手当たり次第やっていきます!


初めてこの家で見た桜を忘れないように、今年度も机に向かいます。









今後の展開の予定なのですが
4月東京青山
5月大阪難波高島屋
6月東京銀座

です。
また都度ご報告いたします。

そして、切り絵の森美術館でのsamurai展も6/24まで続きます。

こうやって、小忙しくさせて頂いていることにも感謝しつつ、頑張ります。

引き続きよろしくお願いいたします。

SAMURAi展in切り絵の森美術館。

  • 2018.03.25 Sunday
  • 00:02
今週は山梨の富士川・切り絵の森美術館へ行って参りました。


目的は、本日24日より始まりました我らが切り絵グループSAMURAiの展示会準備です。



山ナシどころか山アリ谷アリでの現地到着。

そして美術館に着き、館内を見て驚きました。


良い…凄く良い…。


出展者様方の作品がとても素敵に飾られておりました。

今回のために新作を作っていらした作家様も多く、そのパワーをとても感じました。


私は今回、第三展示室をまるまる任せて頂いておりまして、他作家様の作品を見て更に身が引き締まる思いをしました。


負けてはいられない…というか、この第三展示室で落としてはいけない…。

そう感じながら設営をいたしました。


今回の展示会のコンセプトとして、「鑑賞者を切り絵の森に迷い込んだ旅人にする。」ということが念頭にあり、私の第三展示室では「第一、第二展示室で迷い込んだ旅人を、一度春の風で舞い上がらせる。」という空間に仕上げました。


渡り鳥のように飛び回る鳥(鳩)、空から世界を俯瞰し、鳥の帰巣本能に従ってまた森に戻ってくる。という形で第四展示室へのタスキを繋いでおります。



ですので、展示としては、風に煽られながらも力強く飛んでいることをイメージし、うねるように鳥達を配置しました。



森から空へ、そしてまた森へ、まさに異質な「トリップ」を感じて頂ければ幸いです。



今回、我らSAMURAiの新たな第一歩になるような予感がします。


そして、代表であり作家でもある北野雪経氏のSAMURAiにかけた思い、そして富士川・切り絵の森美術館の皆様と作り上げたこの展示を多くの方に見て頂けることを、心からお祈りしております。



普段切り絵や芸術に対して目が肥えていらっしゃる方にも見て頂きたい。
そして、紙を切って表現するということの幅の広さを感じて頂ければ幸いです。




今回の展示会は2018年を年間通しての開催となっております。

本日始まりましたのは第1章です。

春から夏へ、夏から秋冬へと三部構成になっており、都度作品と作家は入れ替わります。


まだ春の会場しか完成しておりませんが、どの会期に来られても、間違いなく切り絵の概念が変わるのではないかと私は思います。



今年は山梨県身延町で、新たなる感性に触れることをオススメいたします。


私は現地には在廊しませんが、5/6は公開制作をさせて頂く予定です。


たくさんの旅人とお会いできることをたのしみにしております。


今回もSAMURAi展をよろしくお願いいたします。








▼現代の傑刀SAMURAi作品展▼

第1章 春の森
2018/3/24sat-6/24sun
Open:9:30-17:30(入館は17:00迄)

富士川・切り絵の森美術館
http://www.kirienomori.jp/modules/art_museum/index.php?content_id=1
山梨県南巨摩郡身延町下山1597
入館料:一般700円、小中学生300円
休館日:水曜日



ちなみにですが、この身延町は富士山のふもとです。

少し足を伸ばせば、本栖湖や、白糸の滝など、とてもステキな場所がたくさんあります。


観光目的に来られても、十分な非日常を味わえますよ。


では。

無事終了。

  • 2018.03.12 Monday
  • 23:52
3月11日をもちまして、無事に会期を終了することができました。

ご来訪頂きました皆様、誠にありがとうございました。


今回、実に2年ぶりの大阪での個展でした。

人は来てくれるのか?ちゃんと作品は売れるのか?不安もたくさんありましたが、たくさんの方々にお会いできた素敵な会期になりました。





個展はとても楽しいです。

楽しい時間をありがとうございました。


本当にたくさんの方々に支えて頂いての今だということを実感できるのもまた嬉しいことでした。


今年は年始から展示の4連発。

神奈川、大阪、京都、大阪といろいろなところに出向きました。


私自身、自分が今なにに取り組んでいるのかわけがわからなくなってきた時期もありました。

それを乗り越えてこそ、全てを満足した結果で終わることができました。




作品を買うということは、ハードルが高いことだということも重々承知しております。

ただそのぶん、作品を買うということで、買って下さったお客様はもちろん、作り手の私、会場を提供して下さっているオーナー様、皆んなが幸せになれる素敵な現象が起きることもまた事実でございます。


昔は作品を購入していただく機会も少なく、こういった現象を実感する機会もまた少なかったのですが、最近は作品をお迎えしていただくことも増え、噛みしめるように幸せを感じることができています。


この気持ちを忘れることなく、今後も精進していく所存でございます。




さて、今後の予定なのですが

今月末より山梨の切り絵の森美術館にて、SAMURAI展を開催いたします。


皆さま、切り絵の森美術館はご存知でしょうか?


知らない?





ではご説明いたしましょう。


すごくざっくり申し上げると、「日本で唯一の切り絵に特化した美術館」です。


その前にSAMURAI展とは何か?

SAMURAIとは、2014年に作家北野雪経をリーダーとし、下村優介、sayaka imaiの三人で立ち上げた切り絵集団です。

第一回目のSAMURAI展では、日本各地から切り絵作家を集め、大阪中之島一帯をジャックする形で展示会を開催いたしました。

今回でSAMURAI展は4回目となり、年を重ねるごとに規模を増してきました。

日本の切り絵作家の憧れの地でもある山梨切り絵の森美術館での展開にまでたどり着いたSAMURAIをお気にかけて頂ければ幸いです。

詳しくはまたご報告いたします。

ひとまず、こちらを見て下さいませ。
http://www.kirienomori.jp/modules/art_museum/index.php?content_id=1


さーて!まだまだ頑張ります!

引き続きよろしくお願いいたします!


個展折り返し。

  • 2018.03.06 Tuesday
  • 23:34
切り絵展も折り返しを迎えました。





たくさんの方々に見て頂き、そしてたくさんの方々とお話しができて、本当に充実した期間を過ごしております。



やはり個展は楽しいです。


何が良いかと言うと、やはり皆私の作品を見にわざわざ来て下さるというところです。

気にかけて頂けると言う喜びと感謝を忘れないように続けていきたいと思います。



また、こういったものを開催すると普段はあまり会うことが無い知人と会うことができるということも非常に嬉しく思っております。


10年ぶりに会ったとしても、当時のことなど、会話がつきません。


本当に切り絵をやっていてよかったと改めて思えるところも、個展の良いところです。


さて、明日から後半戦です。



少なくなってきた抜け殻ちゃん達を補充し、新たに展開いたします。


最後まで気を抜かず、笑顔で終われるように頑張ります!


引き続きよろしくお願いいたします。

▼下村優介切り絵展-eternity-
LINLOW
大阪市北区西天満1-2-24 2階
北浜駅26番出口より徒歩5分(橋を渡ってすぐです。)
2018.3.1(木)-3.11(日)
13:00-19:00(会期中無休)
作家全日在廊予定

下村優介切り絵展- eternity-。

  • 2018.03.01 Thursday
  • 22:57
今日から個展がはじまりました。

こうやって今年も大阪で個展開催ができたこと、大変嬉しく思っております。

さて、今回の個展タイトルの「eternity」とは…


直訳すると「来世」という意味です。

メインにしている作品のこちら


こちらの作品タイトルが「来世協議会。」としております。

真ん中には胎児がおり、この子の来世を神様達で決めているという内容です。


上は天国、下は地獄など、中には様々な神様や動物、モノが隠れております。





皆さまは来世というものを信じておりますでしょうか?


私自身、前世の記憶もなければ、来世があるとも思ってはおりません。

(自分は自分の人生を何度も繰り返していると思うことにはしてます。)


そんな信仰の無い私ですが、前世や来世があるという説に関して言えば、とても興味深いと思っております。


誰が、どうやって、なぜ、来世が決まるのか。


それは誰にもわかりません。

だけれど、来世や前世という考え方に夢を感じます。


前世は○○だった、や、来世は何だろう…そんなことで一喜一憂できるのは人間だけでしょう。


でもその前世来世を決めているのは人間では無く、様々な神様で、その神様達があーでもないこーでもないと協議しているところを想像すると、この作品を作りたくなったのです。


(神様という定義から外れているモノも多いですが…)




ちょうどこの作品に取り掛かる前、少し自問自答のしすぎで気持ちが落ちていました。


社会人であるのに、社会になにも貢献ができていない。

そんな後ろ向きな気持ちを無理やり前向きにするために大作に取り掛かったのです。


毎日写経をするかのように机に向かい紙を切る。






どんな行いも神様は見ているのだと。


ひとり机に向かっているところも例外では無いでしょう。



たしかに制作中はとても苦しかったですが、終わった時の達成感は自分の成長をも感じさせられた気がしました。



神様は見ている。

そう思い、日々の行いを正すという決意を込めて作った作品でもあります。





実はこの作品、昨年東京での展示会で発表したところ、ご購入を決めて頂きました。


まさに、辛くも頑張って作った努力が実った瞬間でもありましたので、本当に嬉しくて、気持ちが一周して呆然としてしまいました。


ただ、大阪の方には見てもらえていないということもあり、購入者さまからの承諾も得て今回、この個展で発表できたという運びでございます。


ですので、この作品を展示会で発表するのは今回が最後です。


たくさんの方に見てもらいたいです。



個展はまだ始まったばかりです。

残り10日。

皆さまのご来訪を心よりお待ちしております。



▼下村優介切り絵展-eternity- LINLOW
大阪市北区西天満1-2-24 2階
北浜駅26番出口より徒歩5分(橋を渡ってすぐです。)
2018.3.1(木)-3.11(日)
13:00-19:00(会期中無休) 作家全日在廊予定

よろしくお願いいたします。



あれこれ書きましたが私は基本的に神様は信じておりますが、無宗教です。


今日も自分の中の神様に祈りながら眠ります。たくさん人がきますよーに。


おやすみなさいませ。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM